むかいひろきのロシア・ブリヤート共和国情報局

ロシアやブリヤート共和国に関する情報を中心に発信しています。ブリヤート共和国で日本語教師として2018年8月~2020年7月まで働いていた日本人大学院生のサイトです。

ーおすすめ記事ー
スポンサーリンク

ドルガン人 ~19-20世紀にかけて成立した新しいテュルク系民族~

スポンサーリンク

今日は数々のテュルク系民族の中でも最近に成立した民族、ドルガン人を紹介します!

 

ドルガン人(Долганы)

f:id:hiroki1ru:20201127215217j:plain

ドルガン人はロシアのシベリア、クラスノヤルスク地方を中心に暮らす民族。

ロシアでの総人口は7,885人。そのうち約74%の5,805人がクラスノヤルスク地方に、1,906人がサハ共和国に暮らしています。(2010年の統計より)

 

テュルク系の民族で、宗教は伝統宗教とロシア正教。現在はこの2つの信仰は融合しているようです。

f:id:hiroki1ru:20201127220808p:plain

赤がクラスノヤルスク地方。世界面積ランキング11位のコンゴ民主共和国よりやや小さいくらいの大きさ。12位のサウジアラビアより大きい。

Автор: Stasyan117 - собственная работа, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=39710992

ドルガン人の歴史

ドルガン人の民族形成はかなり最近になってからです。

すでにシベリアや極東一帯がロシアの支配下に入ってからの話です。 

 

19世紀、レナ川やオレンク川の流域からサハ人の一部が、現在のクラスノヤルスク地方内のトゥルハンスク地区に移住しました。

そこで移住してきたサハ人と、現地のエヴェンキ人やエネツ人が混血して新たな民族が生まれました。それがドルガン人です。※エネツ人については後日記事を書く予定です。

ドルガン人は19世紀後半~20世紀初頭にかけて民族として成立したと考えられています。

(なぜサハ人の一部が移住したのか、なぜ現地民族と混血したのかについては、資料を見つけられませんでした。申し訳ありません。)

 

1935年に「ドルガン・サハ(Долган-саха)」という民族名で、公式に民族として認められました。

ただ、その後も1939年の国勢調査ではサハ人としてカウントされ、1959年の国勢調査でも公表当初はサハ人としてカウントされていました。1959年の国勢調査の数回目の公表以降、独立した民族としてのカウントも定着していったようです。

f:id:hiroki1ru:20201127230418j:plain

トナカイの牧畜を行うドルガン人男性。20世紀初頭。

 

ドルガン人小話

ドルガン人の伝統的な生業はトナカイの牧畜でした。他に狩猟と漁業を生業としていました。

トナカイの放牧はエヴェンキ人ネネツ人のやり方と類似していました。

トナカイに鞍をつけることや、トナカイの乳しぼりの方法はエヴェンキ人の、ソリを使った牧畜方法や犬を活用した牧畜はネネツ人のやり方を模倣したと考えられています。

狩猟ではトナカイの他に毛皮を持つ動物を狩っていました。その際に近隣の民族を参考にし、ユニークな狩猟方法を編み出しました。毒入りの弾丸が入った猟銃や、特別に飼育した囮の鹿を使った狩猟…などなど。

 

ドルガン人の伝統的な住居はネネツ人などと同様のチュム(Чум)と、バラガン(балаган)という、住居の下にソリをつけてトナカイを使って移動できるタイプの住居がありました。

f:id:hiroki1ru:20201128093431j:plain

ドルガン人の住居の一つ、バラガン(балаган)

ドルガン人は近隣の民族の影響を強く受けつつも独自の文化を創造した、新しい民族のようですね。

 

 

以上、ドルガン人の紹介でした!

これまで紹介した民族はこちらから!

www.hiroki-ru.work