むかいひろきのロシア・ブリヤート共和国情報局

ロシアやブリヤートに関する情報、駆け出しの日本語教師として感じたことを発信します。ブリヤート共和国で日本語教師として2018年8月~2020年7月まで働いていた日本人大学院生のブログです。

ーおすすめ記事ー
スポンサーリンク

ロシア語学習にオススメのドラマ【ロシア語】

f:id:hiroki1ru:20200920205653p:plain

こんばんは!

今日はロシア語の勉強にオススメのテレビドラマと、自分もやっているオススメの学習法を1つ紹介したいと思います!

ドラマはもちろん、日本からも見られますよ!

 

ロシアのドラマは放送終了後にテレビ局が公式にYouTubeで放送を公開していたり、公式サイトや(おそらく非公式の)動画サイトに公開されていることが多いです。せっかくなので活用しちゃいましょう!

 

 

オススメのドラマ➀ 『Как я стал русским』

日本語訳は『こうして私はロシア人になりました』。

2015年にСТСで公開されたドラマ。全部で20話。1話はおよそ25分前後です。


Как я стал русским | Серия 1

 

◎あらすじ

アメリカ人ジャーナリスト・アレックス・ウィルソンは自分の書いた記事がある政治家の不興を買い、上司からほとぼりが冷めるまでロシアに出張するように命じられる。

仕方なくロシアに向かったアレックスは、ロシアで様々なトラブルや色恋沙汰に巻き込まれながら、どんどん行動や思考がロシア人になっていく…

 

◎オススメポイント

このドラマには外国人がロシアで経験するであろうカルチャーショックやトラブルがすべて詰め込まれています!ロシアに長期で行く前に見れば、びっくりしたり戸惑ったりすることが少なくて済みます。

また、アメリカ人のアレックスのロシア語はとても聞き取りやすく勉強になります。(アレックスを演じる役者さんはポーランド人です。)

会社や家庭などの日常を舞台にしたラブコメディーなので、日常生活でよく使う言葉や単語がよく出てきます。そしてストーリー自体もとても面白いです!

 

なお、このドラマは続編も作られ、さらに劇場版(こちらは中国人が主人公)も作られました。中国でもヒットしたそうです。

 

◎どこから見られる?

全編の再生リストはこちら。

Сериал КАК Я СТАЛ РУССКИМ - YouTube

 

 

オススメのドラマ②『САШАТАНЯ』

日本語訳は『サーシャとターニャ』。2013年からТНТで始まり、現在も続いているドラマ。1話25分前後。

sashatanya.tnt-online.ru

◎ストーリー

大学での同じ寮の部屋での生活を経て結婚し、夫婦となったサーシャとターニャ。その夫婦の暮らしを描いたコメディードラマです。

 

◎おすすめポイント

日常生活で使うロシア語がたくさん聞けます!家庭、会社、お店、スーパー、幼稚園…などなど。

描写も過激なもの(※)が少なく、どこでも見やすいです。話もテンポよく進んでいくのでロシア語があまり分からなくても雰囲気で楽しめます。

※ロシアのドラマは日本よりやや性的に過激な表現が多いです。外で見ていると思わず画面を隠したくなるようなことも💦

 

◎どこから見られる?

会員登録(無料)が必要ですが、上記の公式サイトから見ることができます。

会員登録が面倒な場合は下記のサイトから無料ですぐに見られます。

(おそらく非公式です。自身は閲覧をして問題があったことはありませんが、閲覧は自己責任でお願いします。閲覧によって生じた事案に対しては一切責任は取りません。)

СашаТаня 1-9 сезон сериал от ТНТ смотреть онлайн бесплатно в HD 720p

 

ドラマを使ったオススメの学習法

ここでは一つおすすめの学習法を紹介します。

ロシア語ネイティブの友人知人の協力がないと少し難しい方法なのですが…💦(すみません。)

では、順を追って説明します!

 

➀ドラマを1話分見る

まずはドラマを1話分見ます。

言葉が分からないところがあっても、映像などからどんな話の展開なのかザックリ把握します。

 

②1分~2分程度の好きな場面を選び、聞こえたセリフを書き起こし

1話の中で好きな1分~2分程度の場面を選び、その場面に出てくるセリフをノートなどに書き起こします。

その際、わかるまで何度も繰り返し聞いたり、再生速度を遅くして聞いたりなど、セリフがわかりやすいように工夫して聞くのもアリです。

もちろん辞書で調べながら言葉を書くのもOKです。

どうしても分からないところは飛ばします。

ちなみに、YouTubeの字幕機能はよく間違えるのであまりアテにできません。

 

③セリフを書いた紙とドラマの場面をロシア人に見せ、添削してもらう

ここから先はロシア人の友人知人がいる方以外は厳しくなってしまいますが…

もし添削を快く引き受けてくださるロシア人の友人や知人がいらっしゃったら、是非添削してもらってください。

そこで意味が分からない場面について質問したり、ドラマについて話を聞いたりして会話を深めるのもアリだと思います。添削してもらったものを復習することで、より学びになると思います。

f:id:hiroki1ru:20200920204039j:plain

ロシア人の知人に添削してもらったノート。

ただ、添削をお願いする際も無理強いしたり、相手の方に多くの負担をかけたりすることはないようにしましょう。自身の場合は知人が快く引き受けてくださり、お礼として相手の方の日本語の勉強を手伝っていました。

 

今回ご紹介した方法は、「聴き取り能力の向上」や「ロシア文化の理解」、「語彙の習得」に非常に役に立つと考えています。継続してドラマのセリフの書き取りを続けていくことで語彙が増え間違いが減りました。ロシアでの生活でも、ロシア語を聴き取る時にこの方法で培った聴き取り能力が役に立ったと思います。

 

おわりに

以上、オススメのドラマとドラマを使った学習法についてまとめました。

今回ご紹介した学習法も書いていますが、ロシア語学習についてはこちらの記事もぜひご参照ください。今までの自身のロシア語学習からの経験がここに書いてあります。

www.hiroki-ru.work

それでは!