むかいひろきのロシア・ブリヤート共和国情報局

ロシアやブリヤートに関する情報、駆け出しの日本語教師として感じたことを発信します。ブリヤート共和国で日本語教師として2018年8月~2020年7月まで働いていた日本人大学院生のブログです。

ーおすすめ記事ー
スポンサーリンク

外出禁止令下のロシア生活Q&A【随時更新】

 

f:id:hiroki1ru:20200507211627p:plain

 

こんにちは!

今日は皆さんが気になっているかもしれない外出禁止令下のロシア生活を、Q&A形式でまとめていきます!

都市によって差はあるので、

「シベリアにあるウラン・ウデって町ではこんな感じなんだぁ」

と参考程度に思ってご覧いただけると幸いです。

 

 

Q1.外に出ることは可能ですか?

はい。可能です。
近場のスーパーや食料品店への買い物、ペットの散歩、病院や薬局への往復などでは外出が認められています。

 

ただ、外出禁止令が出た当初はほとんどの仕事が休業し、人びとも真面目に政令を守っていましたが・・・

f:id:hiroki1ru:20200404230230j:plain

4月4日に撮影した町の写真。人はほぼいない。

今では、一部の仕事が許可を得て営業を再開したほか、まじめに外出禁止令を守る人が減り、通りには人が、道路には車が平常に近いレベルで出てくるようになりました。

f:id:hiroki1ru:20200507164243j:plain

4月23日撮影。もともとの人口密度が低いので、これで通常の7~8割くらい。

f:id:hiroki1ru:20200507164816j:plain

5月7日に撮影した道路の写真。通常の交通量とあまり変わらないです。

5月7日の時点では、もう普通に散歩をしている人も多いです。自転車で走っている少年もいますね・・・寮の外でも子どもたちの遊び声が響くようになりました。

 

Q2.外出禁止令を破ったら、罰則はありますか?

(一応)あります。

Q1で書いたような認められている外出や、許可された仕事での外出以外の外出が発覚した場合、1万5千~4万ルーブルの罰金となります。

В Бурятии начали штрафовать за нарушение режима самоизоляции

これは日本円にして約2万円~6万円といったところ。高い…😢 この額に関してはモスクワより厳しいです…。

 

もちろんそんな大金払いたくないので、遠出は避けています。

ただ、これだけ通りに人が出ているのを見ると、警察がまじめに取り締まりを行っているかは「?」です。

 

Q3.食料や日用品はどうしていますか?

近所のスーパーで購入しています。

スーパーも、特に品不足や値段の高騰などはなくほぼ平常通りです。

f:id:hiroki1ru:20200507171333j:plain

ANNのニュースでは「最後のベーコン」と危機を煽っていましたが、大量にあるベーコン。

ただ、入店時にマスクの着用が必須です。店員さんはマスク着用の他、店舗によってはビニール手袋もしています。

 

Q4.どんなお店が外出禁止令の中でも営業していますか?

スーパー、食料品店、薬局は営業しています。

ほかに、銀行や携帯電話会社のショップも営業しています。ただ、どちらも営業時間が通常より短かったり、対面での業務が少なかったりなど、通常との違いはあります。

5月10日からは規制が緩和され、洋服屋なども営業が再開されるそうです。

 

Q5.飲食店は完全に休業していますか?

いえ、完全に休業している場合もありますが、多くの店でデリバリーサービスを受け付けています。

自身はよくピザ屋の出前をアプリで注文していますよ。

 

ただ、配達の際に「商品を直接手渡ししてはならない」という決まりがあるのか、配達員が小さな座椅子等に商品を置いて、それを受け取る…というパターンが多いです。

 

Q6.マスクはみんなしていますか?マスクの数は足りていますか?

はい。ほとんどの人が外出時にはしています。洗濯することで何度も利用可能な布マスクをしている人が多いです。

使い捨てマスクは、4月の初めまでは不足気味でしたが、最近はスーパーや薬局に行けば安い値段で手に入ります。

 

Q7.外出禁止ということは、バスなどの公共交通は止まっているのですか?

いえ、バスや路面電車は動いています。ただ、普段と本数や運行時間は若干異なるようです。

タクシーも動いていますね。

ウラン・ウデと他の都市を結ぶ鉄道や航空便も運行しています。ただ、どちらも本数は減っており、特に航空便は運休が相次いでいるみたいです。

 

Q8.外出するときは、許可証が必要ですか?

スーパーや薬局への買い物や、病院に行くときは必要ありません。モスクワのような電子通行証もありません。
仕事で外に出る必要がある人は、職場が発行した許可証を携帯する必要があります。(この間、許可証なしで職場に行ったんですけどね💦) 

 

Q9.学校や大学はどうなっていますか?

インターネットを利用した遠隔授業が行われています。自身の職場もそうです。

いつまでかは「当面の間」となっているので、わかりません。

 

Q10.治安はどうですか?

あまり変わりません。
ただ、ホームレスが町中をウロウロしているのが以前より目立ちます。

「お金くれ」と声をかけられることも増えました。

 

おわりに

以上、Q&A形式でまとめてみました。

ほかにも質問等あれば、コメント欄やTwitter(むかい ひろき🇷🇺ウラン・ウデ🐯 (@hiroki_ru_th) | Twitter)のDMにお寄せください。
直接回答したうえで、こちらにも許可をいただければ掲載いたします。

 

ブリヤート共和国やウラン・ウデのコロナウイルスの状況は、こちらの記事も合わせてご覧ください。最低週1回は更新しています。

 

www.hiroki-ru.work

 
それでは最後に・・・

「コロナのバカー!!!」