むかいひろきのロシア・ブリヤート共和国情報局

ロシアやブリヤートに関する情報、駆け出しの日本語教師として感じたことを発信します。ブリヤート共和国で日本語教師として2018年8月~2020年7月まで働いていた日本人大学院生のブログです。

ーおすすめ記事ー
スポンサーリンク

感染拡大の最中、学校の対面授業が再開!?【ブリヤートのニュース】

感染拡大が続く中、ウラン・ウデ市が学校の対面授業を再開しました。そのニュースを訳しました。

【ロシアの民族㊹】ヴェプス人

ヴェプス人はロシア北西部に暮らす少数民族。ソ連時代に決められた行政区画の影響で伝統文化が衰退してしまいました。現在はヴェプス人の言語や文化を再興する動きが活発化しています。

【ロシアの民族㊸】ドルガン人

ドルガン人は19世紀後半~20世紀初頭にかけて民族が形成された新しい民族。ドルガン人は、サハ人やエヴェンキ人などの血を引き、トナカイの放牧を伝統的な産業としています。

制限措置期間に営業したお店が摘発…【ブリヤートのニュース】

11月30日までの制限措置期間に、措置に違反して営業していたお店が摘発されました。ブリヤートのニュース

【ロシアの民族㊷】アグール人

ダゲスタンの美しい山間に暮らすアグール人。モンゴル、イラン、ロシアの侵略に抗戦した歴史を持ちます。アグール人が作るアグール絨毯は世界で高い評価を受けています。

【ロシアの民族㊶】コリャーク人

カムチャッカに暮らす少数民族コリャーク人。18世紀以降、侵略してくるロシアを幾度となく押し返しました。現在ではソ連時代に破壊されたコリャーク人の文化や伝統を復興させる動きが盛んです。

【ロシアの民族㊵】高麗人

1860年以降、動乱の時代に入った朝鮮半島。争いや苦しい暮らしから逃れるため、北方に活路を求めた朝鮮人たちがいました。彼らが高麗人です。そんな高麗人の歴史や現状に迫りました。

【ロシアの民族㊴】マンシ人

マンシ人は西シベリアの少数民族。11世紀にはすでにロシア人との接触があり、16世紀にロシアの支配下に入りました。現在のマンシ人はほとんどが現代的な生活をしています。

【ロシアの民族㊳】ツァフル人

古代からダゲスタンに暮らしていたツァフル人。牛や羊などの牧畜を伝統的に行ってきた民族です。かつてはロシア帝国によって強制移住の憂き目にも遭いました。そんなツァフル人の紹介です。

ブリヤート共和国首長「我々は遠隔授業を年末まで継続できない」

ブリヤート共和国首長が、コロナウイルス感染拡大によって導入した制限措置についてのインタビューに答えました。

【ロシアの民族㊲】チュクチ人

17世紀以降、100年にわたって侵略してきたロシア人を撃退し続けたチュクチ人。トナカイの牧畜が主な生業でした。そんなチュクチ人の歴史や文化に迫ります。

【ロシアの民族㊱】ルトゥル人

ルトゥル人はダゲスタンに古くから暮らす少数民族。かつてモンゴル帝国を撃退した歴史があります。そんなルトゥル人の歴史や文化に迫りました。

若い先生の給料アップが決定!【ブリヤートのニュース】

ロシア・ブリヤート共和国の若い先生の給料がアップするそうです!そんなニュースを訳しました。

【ロシアの民族㉟】エヴェン人

エヴェン人はロシアのシベリア~極東にかけて暮らす少数民族。エヴェンキ人とは名前や見た目も似ていますが、別の民族です。そんなエヴェン人の歴史や文化をまとめました。

【ロシアの民族㉞】アバザ人(アバジン人)

アバザ人(アバジン人)は赤地に白い手の民族旗を持つカフカースの少数民族。アバザ人(アバジン人)はロシアとの戦争でオスマン帝国に亡命した人も多く、そのためトルコやエジプトにも多くが暮らしています。