駆け出し日本語教師の部屋@ロシア・ブリヤート共和国

ロシアやブリヤートに関する情報、駆け出しの日本語教師として感じたことを発信します。ブリヤート共和国で日本語教師として働く日本人大学院生のブログです。

ブリヤートのお正月・サガールガンの楽しみ方

f:id:hiroki1ru:20200225232919p:plain

 

こんにちは!むかいです。

 

2月24日はサガールガン(Сагаалган)というブリヤートの旧正月のお祭りでした!

今日はこのサガールガンの概要と、外国人がサガールガンをどうやって楽しむかについて記事にしたいと思います!

 

 

サガールガンとは?

Сагаалган(サガールガン)はブリヤート人にとってのお正月(つまり旧正月)です。

若干名前が変わることがありますが、モンゴルや中国の内モンゴル自治区、カルムイク共和国やトゥバ共和国といった仏教徒が多いロシア連邦内の共和国、州、地方でも同じ日に祝われています。

 

旧暦(太陰暦)の新年であるため、毎年時期が若干ずれます。近年は以下のようになります。

  • 2018年2月16日
  • 2019年2月5日
  • 2020年2月23日(23日は「祖国防衛者の日」というロシア全体の祝日のため、1日後ろにスライドした24日に祝うことになったようです。)
  • 2021年2月12日
  • 2022年2月1日

上記の日から1か月が別名Белый месяц(ベーリー メーシャツ・白い月)と呼ばれる旧正月になります。

 

この旧正月の元日はブリヤート人は家族・親戚で集まって過ごす人が多いようです。

伝統的な習慣を守る家の学生から聞いた話だと…

  • 年少者が年長者の家に行く。(つまり…おじいさんやおばあさんの家に集まる。)
  • ハダクという布を使って挨拶。お互いに健康と幸せを祈る。
  • ブーザを中心に白い食べ物を食べる。

f:id:hiroki1ru:20200225232326j:plain

右がブーザ。小籠包のようなもの。Бууза жареная という焼ブーザが自分のお気に入りです。

といった流れだそうです。

ハダクを使った挨拶は身ぶりを交えて教えてもらいましたが、僕には複雑で難しかったです💦

ただ、最近は日本のお正月のように家族だけで簡単に済ませてしまう人も増えているようですね。

 

また、日本の初詣のようにこの日に合わせてお寺に行く人も多いです。

元日を迎える夜にはお寺でお坊さんたちによってお経が読まれ、それを聞きに行く人々もいます。

 

このサガールガンの元日はブリヤート共和国などの仏教徒の多い共和国は祝日になります。(もちろん、該当の共和国在住のロシア人やその他民族、外国人も休日です!)

 

外国人はどうやって楽しむ?

お祭りに行く

 ウラン・ウデではサガールガンの元日に当たる日に、ソビエト広場(Площадь советов)でお祭りが開催されます。これに行くのが1番でしょう。

例年12時開始のようです。

f:id:hiroki1ru:20200225225402j:plain

お祭りのステージではコンサートや力比べコンテストが行われます。

このお祭りではブリヤートの伝統的な歌や、地元の歌手の歌を楽しむことができます。

 

また、1番の魅力は「Ёхор(ヨーホル)」という踊りです。この踊りは大勢で手をつないで円を作りみんなで踊るものです。

f:id:hiroki1ru:20200225225618j:plain

盛り上がるヨーホル

このヨーホルの踊りは誰でも参加できます。音楽が始まったら近くの人と手をつなぎましょう。すぐに巻き込まれます(笑)

 

また、お祭り会場では寒いですが露店も出ているのでブーザなどの食べ物を買うことができます。

また、ゲルも設置されており、ゲルや隣の大きなテントの中でブーザ等の食べ物を買うことができます。

f:id:hiroki1ru:20200225230128j:plain

前日に撮影しました。当日はこのあたりは混みます。

 

お寺に行く

お寺に行くこともおすすめの楽しみ方です。

ウラン・ウデ市内で大きく中心部からのアクセスがいいお寺はРинпоче Багша(リンポチェ・バフシャ)というお寺です。

f:id:hiroki1ru:20200225231137j:plain

ソビエト広場のすぐ近くのバス停・Филармония(フィラルモニヤ)から97番マルシルートカで行くことができます。(終点下車・片道20ルーブル、降車時運転手に支払い。)

 

サガールガンの日にはお寺ではХрал(フラール)というお坊さんによる祈り・読経が行われます。これを見学することも楽しいかもしれませんね。

f:id:hiroki1ru:20200225231512j:plain

お堂の中。フラールは仏様の手前でお坊さんが2列に座ってたくさんの楽器の音ともににぎやかに行われます。

この写真はフラールが終わった後で入った時のものです。普段はたくさん並んだ仏様を拝むことができるので、地元の人のまねをして参拝してみましょう。

 

なお、お寺のスケジュールは公式サイトで確認できます。

www.yeshe-lodoy-rinpoche.ru

また、お寺は時計回りに参拝していくルールがあるので、守りましょう。

 

おわりに

以上、サガールガンについて概要と楽しみ方をまとめてみました。

 

また、このサガールガンはブリヤート人だけではなくロシア人も祭りに参加したりお寺に行ったり、一緒にお祝いしています。素晴らしいことだと思います。

 

最後にブリヤート語の「あけましておめでとう!」を。

Сагаан hараар! Сагаалганаар!」(サガーン ハラール!サガールガナール!)

 

 それでは!