駆け出し日本語教師の部屋@ロシア・ブリヤート共和国

ロシアやブリヤートに関する情報、駆け出しの日本語教師として感じたことを発信します。ブリヤート共和国で日本語教師として働く日本人大学院生のブログです。

ロシアの大学の寮

こんにちは!

 

今日はロシアの大学の寮について、色々紹介したいと思います!

 


f:id:hiroki1ru:20181216223244j:image

↑今住んでいるブリャート国立大学の4番寮(夏撮影)

 

 

実は自分、今回がロシアでの寮生活は3回目、部屋数としては4部屋目となっています。それぞれ違うタイプの部屋に滞在したので、比較しながら解説していきたいと思います!

 

 

 

①学部生向けの部屋

学部生向けの部屋は、基本的に2人~5人くらいの共同生活になります。

 

ここでは大学3年の時に短期留学で滞在したプーシキン記念国立ロシア語大学の寮を主な例とします。

 

たしか1ヶ月の短期留学でしたが、寮費として1000ルーブルほど払った記憶があります。

 

部屋はこんな感じ。


f:id:hiroki1ru:20181216223522j:image


f:id:hiroki1ru:20181216223632j:image

 

このときの部屋は大きな部屋のなかに、小さな部屋×2(3人用と2人用)、風呂&トイレがありました。

 

風呂&トイレは5人で共同で使っていました。

 

キッチンは階に1つ大きなものがあり、階の住民皆で共用でした。

 

ちなみに🇷🇺の寮のキッチンはどこも電気式でガスは見たことがありません。

 

洗濯機は1階に3台あり、寮の住民全員が共用で使っていました。(確か10階建て以上の建物だったので、毎回かなりの争奪戦…) しかもここは一回50ルーブルの有料。しかもお釣りは出てこない…

 

冷蔵庫は5人で共用でした。

 

 

ちなみに、現在住んでいるブリャート国立大学の4番寮では、部屋は二人分のベッドと机しかなく、風呂やトイレ、キッチンは階に2つずつあるものを共用で使っているそうです。

 

 

 

 

②院生むけの部屋

実は学部2年生の時に、院生むけの部屋にたまたま1ヶ月住んでいたことがあります!

 

住んでいたのはモスクワ国立大学の Главное здание (グラーヴナイェ  ズダーニイェ)、通称ゲーゼーです!

これ↙️

f:id:hiroki1ru:20181216224909j:image

 

そう、ここ寮も兼ねてるんですよ。

 

ぶっちゃけ院生むけの部屋と学部生向けの部屋は大差ありません。

 

ただ、若干院生むけの部屋の方が広かったですね。

プーシキン記念国立ロシア語大学では3人で使っていたスペースを一人で使っていました。


f:id:hiroki1ru:20181216225403j:image

 

同じ大きさの小部屋がひとつの大きな部屋に2つあり、1人ずつ暮らし、風呂、トイレ、冷蔵庫を共有するシステムです。キッチンはこれまた階で共用。

 

ゲーゼーの場合は地下に無料の巨大な洗濯機センターがあったので、そこに行けばだいたい洗濯機にありつけました。

 

 

 

 

③教師むけの部屋(ファミリータイプ)

 現在の職場に来て、最初に住んでいたのがこのタイプの部屋です。

 

教師向けの部屋では、部屋のなかにキッチン、風呂、トイレ、冷蔵庫、テレビがあります。そして他人とは一緒に暮らしません。

 

ただ、洗濯機は置ける場所がなく、学生たちと共用で別の階にある無料のものを使っていました。

 

ファミリータイプなので、やたら部屋が広かったですね。しかも前の住人が明らかに掃除をサボってたようで(長い髪の毛とかゴミとか端に溜まっていた…)、掃除が大変でした… 

 


f:id:hiroki1ru:20181216230021j:image


f:id:hiroki1ru:20181216230042j:image


f:id:hiroki1ru:20181216230256j:image

風呂はバスタブついてましたね。f:id:hiroki1ru:20181216230349j:image

 

 

 

 

④教師むけの部屋(単身タイプ)

 そして今住んでいるのが教師向けの単身タイプの部屋です。

 

 設備はファミリータイプと同じですが、1人むけのちょうどいい広さになっています。


f:id:hiroki1ru:20181216230629j:image


f:id:hiroki1ru:20181216230651j:image


f:id:hiroki1ru:20181216230802j:image


f:id:hiroki1ru:20181216230836j:image

電子レンジはセットされていました❗

 

 

 

 

◎光熱費は?

 と、ここまで部屋のがいようについてザックリ説明してきましたが、今度は光熱費について見ていきます。

 

結論→いりません!!!

 

はい、いりません。寮費のなかに含まれています。

 

そしてガス代はそもそもかかりません。コンロは電気式なうえに、暖房はお湯を使ったセントラルヒーティングなのでガスを使うことがありません!

 

ちなみに部屋の電気は、切れた場合は受付のおばちゃんに頼むと、その日のうちか次の日に、合鍵を使って設備担当の人が部屋に入って替えてくれます。自分で買って替える必要は年末年始を除いて無さそうですね。

 

 

 

 

◎寮費について

 ここに関してすみません…。今まで先ほど述べたプーシキン記念国立ロシア語大学の時以外、全て寮費がプログラム費用のなかに組み込まれていたり、現在のように無料で住める契約になっていたりするなど、ハッキリとしたことは知りません…。安いのは知ってますが。

 

他の人から情報を得次第、更新しますね!

 

 

 

◎最後に 

いかがでしたか? 少しはロシアの大学の寮についてご理解いただけたでしょうか?

 

今後も随時情報を追加していきます!多分書き忘れがたくさんあるので(笑)

 

そして大学によってかなり寮の環境に差はあります。その点はご留意ください。

 

あ、最後に春~秋はゴキブリがよく出てきますので、虫嫌いのかたは我慢してください(笑)

 

 

それでは~