駆け出し日本語教師ブリヤート共和国奮闘記

ロシア連邦ブリヤート共和国の大学で日本語教師として働く大学院生。ブリヤートでの日常や日本語教育、ロシアに関する情報を発信します。

到着しました

こんばんは!そしてご無沙汰しております!

 

 

 

ついに去る8月27日、ウラン・ウデに到着しいたしました!

 

そして、その日から挨拶回りや就労手続きが始まったのですが…

 

その手続きが超大変!

 

現地の先生と一緒に行っている(正確に言えばやっていただいている)のですが、

 

  • 滞在登録……ロシアに入国した外国人は必須の手続きだが、このときにもらう書類がないと手続きが進まない。(税務署で一回手続きできませんでした……)
  • 学内の人事部……結構色んな所に回される→書類確認→別のところに回される…これを繰り返す…
  • 税務署……給料の受け取りのため必要。
  • 年金機構……給料の受け取りのため必要(!?)
  • 銀行……給料の受け取りのため口座開設。

 

明日ようやく口座を開設して終わりそうです💦

 

もちろん、これ自分一人ではできません❗ロシア語のレベル云々以前に、場所も何もかもわかりません!

 

手伝ってくださる(というよりも全てやってくださる)現地の先生には感謝の気持ちしかありません。この恩を少しでも授業で返していきたいです。

 

 

ウラン・ウデについて

ここからはウラン・ウデについて少し書きます。

 

もう少し仏教色の強い街をイメージしていたのですが、全然そんなことはありませんでした(笑) お寺、車から一件見ただけです💦

 

モスクワとそれほど大差ないですね。

メトロが走ってなかったり、大都市と地方都市の差はありますが。


f:id:hiroki1ru:20180829230649j:image

↑劇場前の広場。

 

また、ブリヤート共和国 なのでブリヤート人などのアジア系の割合がかなり多いのかと思いけりゃ、僕の印象では6割強はスラヴ系のロシア人ですね。

 

ただ、ヨーロッパ系の人もアジア系の人も、その混血の人も、みんな平等に接していて、平和に暮らしている印象を受けました。

 

 

 

他に特記することは、マクドナルドなどのファストフードのチェーン店がないのが少し残念ですが、地元の安くて美味しいお店がいっぱいあります。

 

あと、なぜか交番もあります。f:id:hiroki1ru:20180829231236j:image

 

何ヵ所かこういう полиция (警察)の建物を見ました。

 

 

……

 

とりあえず、なんとか元気にやっております。

 

来週の月曜から授業ですが、準備を着々と進めております!

 

また、授業が始まったら、更新しますね!

 

お楽しみに~

 

 


f:id:hiroki1ru:20180829231946j:image