日本語教師ブリヤート共和国奮闘記@まだ日本

9月よりロシア連邦ブリヤート共和国の大学で日本語教師として働く大学院生。ブリヤートでの日常や日本語教育、ロシアに関する情報を発信します。

ロシアのニュースから5

こんばんは!

先週、見事に更新忘れました…💦とてつもなく忙しいのです…

 

最近は少しずつマシになってはきましたが💦

 

本日朝訳したニュースはこれです!

ぜひご覧ください。

 

 

【ロシアのニュースから5】

 

プーチンはロシア代表の果敢な試合に敬意を示す》

 

7月8日 モスクワ RIAニュース

 

 

 ロシア大統領ウラヂーミル・プーチンが、ワールドカップ準決勝クロアチア戦のロシア代表選手の果敢な戦いに敬意を示し、選手たちとスタニスラフ・チェルチェソフ監督をワールドカップの総括会議に招待したことを大統領報道秘書官のドミトリー・ペスコフが明かした。

 

 サッカーロシア代表は土曜日、準々決勝でPK戦の末クロアチア代表に敗れた。クロアチア代表は最後の準決勝進出チームとなり、準決勝ではイングランドと激突する。
 試合は90分と延長戦を2対2で終えていた。これはロシア代表のワールドカップ史上最高の成績である。

 


f:id:hiroki1ru:20180708184834j:image

 

 ペスコフ氏によると土曜日、大統領は2回チェルチェソフ監督と話したという。

 

 「プーチン氏は土曜日の試合前にチェルチェソフ監督に電話し、試合での勝利を祈った。」と報道秘書官は語った。「試合後にプーチン氏は再び監督に電話し、ワールドカップの場にふさわしい選手のプレーと、同様にクロアチアとの美しく果敢で歴史に残る一戦に敬意を示した。」ペスコフは付け加えた。

 

 

 「大統領は監督と選手たちを、ロシアワールドカップでもたらされた結果について報告し、残され明確化された疑問について考えるイベントに招待した。」と秘書は締めくくった。

 

〈記事引用元〉
https://rsport.ria.ru/football/20180708/1139098559.html?referrer_block=index_main_1

**********