日本語教師ブリヤート共和国奮闘記@まだ日本

9月よりロシア連邦ブリヤート共和国の大学で日本語教師として働く大学院生。ブリヤートでの日常や日本語教育、ロシアに関する情報を発信します。

ロシアのニュースから1

こんばんは!

 

忙しすぎて更新できてませんでした。

 

実は私、《日本・ロシア青年Projectヤール》https://www.facebook.com/YarProject/

 

という団体で、会員資格で広報担当をやっております。(赴任に備えるため、自身は7月か8月から休会します。)

 

代表から、そこで僕が連載しているロシアのニュースサイトから翻訳したニュースについて、ブログでも掲載してもOKと許可がとれたので、ここにものせたいと思います!

 

過去のニュースが読みたい人は、上のリンクからFacebookページを見てくださいね!

 

それでは!

 

 

 

・・・・・

 

 

【ロシアのニュースから1】

《約40万件の電話が、プーチンとの直接対話に向け受理》

 

 

6月2日 モスクワ RIAニュース

 40万よりやや少ない件数の電話と約16万5千通のSMSメッセージが、6月7日に行われるロシア連邦大統領ヴラヂーミル・プーチンとの直接対話に向けて受理されたと、イベントの主催者は報じた。

 

 

 土曜日9:00の段階ですでに394964件の電話、164229件のSMSメッセージ、同様に14680件のMMSメッセージが受理された。

 

 これら以外にもビデオ形式で5万4千件のメッセージが送られてきた。文書形式で封書された質問はすでに14765件※、SNS経由で15659件、特設サイトからは61100件の質問が受理されていると主催者は明かした。最も人気の低い質問を送る媒体はSNS経由のビデオメッセージで506件だった。

 

 

 年に1度のスペシャルプログラム「ロシア大統領ヴラヂーミル・プーチンとの直接対話」はモスクワ時間の6月7日正午から始まる。政府のドンが、ロシア国民と対話する中で彼らの興味深い質問に答えていく。

 

 

〈記事引用元〉
https://ria.ru/politics/20180602/1521925917.html


f:id:hiroki1ru:20180605221312j:image

・・・・

※14765件のところですが、記事には14765тысяч(1476万5千件)と記述がありました。ただ、他の数字に比べてけた違いに多いこと、通常なら14миллионов765тысячという記述になるだろう、ということから数字を訂正しました。
また、他のニュース会社のニュースで確認したところ、やはり14765件が正しい数字のようです。

 

 

ちなみにこの、「プーチン大統領との直接対話」は年に1回行われる特別番組で、

行政に関する疑問や不満をプーチンにぶちまけることができる番組です!

 

まあ、質問は事前に調整されますが💦

 

現代版の目安箱といったところでしょうか!